義兄のこと
あひるにはお兄さんがおります。

私の義理の兄になります。

詳しくはあひるブログに記してあるのですが、
心臓に疾患があると聞かされたのは年末位だったのかな。


手術しなければいけないが、手術できる体の状態ではない。
どうしようかね、という義母の話も聞いておりました。

年末年始はあひるの実家に行ったのですが、
あまり義兄さんの姿を見ることはありませんでしたし、
特に会話もしなかった記憶がある。

ただちょっと気になったのが、
ふとタバコを吸いにダイニングに行ったら
夕闇の暗い中、椅子に座ってじっとしている義兄さんを見てビックリしてしまって。

「大丈夫?義兄さん?」
「ん、大丈夫ですよ」

といった会話と呼んでいいのかどうかのやりとりが
私が最後に交わした義兄さんとの会話だったんだなと今になって思います。







 
 
 
そういう経緯で別の病院で手術するとは聞いていましたが、
そんなに重要視してなかったのが正直なところ。

みーちゃんの出産予定も近かったですしね。

手術当日、あひるに連絡があった時点でちょっとこれはヤバいなと。


結局手術後、義兄さんは5月7日に目を覚ますことなく亡くなってしまいました。


で、葬儀はどうする?と言う話になるんですが、
あひるあ出産直前、すでに臨月です。

色々検討した結果、あひるは行かずに私が参列する事に。
私の実家も参列しないわけには行かないのですが、
親父がどうしても仕事を休めないという事で妹に参列してもらう事に。

ヨメがいない状態での嫁実家へのお泊り、しかも葬儀。

そりゃもう気を使いまくりで正直疲れましたが、
やはり義父さんと義母さんがかなり落胆していてなんともいえない気分になりました。

遠方でしたが無事に参列して帰宅することが出来ました。

正直、向こうの家族は色々性格的に問題があるのですが、
義母さん方の兄弟の方々がかなり良い人だったのでそれに救われた感じもあります。

福島の人たちなのですが、あのおじちゃんおばちゃん方にはまた会いたいですね。
[PR]
by makussu | 2012-06-09 22:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makussu.exblog.jp/tb/18146763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< みーちゃん出産から・・・ 色々あった >>