1/100 MG AMX-004 キュベレイ 製作記9
忘れていた箇所を塗装して乾燥し終わったので組みました。

クリアを塗ってみたら思ったよりツヤが良いので
今回は研ぎ出しをするのをやめました。

研ぎだし用のコンパウンドや研ぎ出しクロスとかまだ買ってなかったしね。
かわずのここまで進んでしまったら組みたくなる欲求は抑えられませんw


という事でキュベレイ完成です。
e0056592_225169.jpg


背面
e0056592_2251767.jpg

全体を撮るとパール具合が全然わからない!
光源の問題なのかね、良いデジカメが欲しくなる瞬間です。


胸元アップ
e0056592_2263767.jpg

ここまで寄るとパールがわかりますかね?
実物みると怪しく輝く紫パールなんです・・・


バインダーのアップ
e0056592_2275656.jpg

外装に当たる所は全て3コートパールで塗装してます。

同じパール塗料でも白、ピンク、紫、青と違う表情を見せるのが面白いですね。

個人的に一番気に入っている脚部の造形
e0056592_2294833.jpg

写真では上手く表現できませんが、うねりが凄くてパールの偏光が
一番楽しめる部位だと思います。


実物をみると満足できるツヤ加減なんですが、やっぱり写真で見ると
研ぎ出ししたほうが深いツヤになって写真映えするのかな~とは思いますが、
まぁコンペとかに出品するわけでもなし・・・自己満足ですからね。

今回は表面処理に手間をかけると
それが塗装表面に如実に成果として現れる事がわかりました。

今後に生かしたいと思います。


で、このキュベレイはあひるのリクエスト品でしたので
e0056592_2218482.jpg

あひる棚にアッガイと並んで見栄を切って飾られていますw


でわ、いつものカラーレシピ
ガイアノーツ(G) GSIクレオスMr.カラー(C) タミヤエナメル(T)

本体(白) ⇒ (G) EX-01 Exホワイト
本体(ピンク) ⇒ (G) VO-13 コーラルピンク + (G)102 蛍光ピンク少量  
本体(紫) ⇒ (C) UG11 MSシャアレッド + (G) 033純色シアン少量 + 034純色マゼンダ少量
バインダー青丸 ⇒ (C) MS13 MSブルー Z系 
フレーム ⇒ (C) UG15 MSファントムグレー
バインダー裏 ⇒ (T) X7 レッド + X2ホワイト少量

パールコート ⇒ (G) プリズムカラー パープルグリーン

カメラ部 ⇒ (G)102 蛍光ピンク (T) XF1フラットブラック

下地(外装白部) ⇒ GSIクレオス フィニッシングサーフェイサー1500
下地(ピンク・紫) ⇒ ガイアノーツ GS-02 サーフェイサーエヴォホワイト
下地(フレーム他) ⇒ ガイアノーツ GS-01 サーフェイサーエヴォ
下地(白エッジ部) ⇒ (G) 017 パープルヴァイオレット

トップコート ⇒ (G)Ex-03 Exクリアー


今回は塗装を進めるに従ってワクワクする非常にやりがいのある製作でした。
e0056592_22483497.jpg

次回ツヤありで製作するなら、研ぎ出しにチャレンジしたいです。


で、自作はティグからのリクエスト、コレを製作します。

先に言っておくが色んな意味で期待を裏切るかもしれん!!!
 

 
[PR]
by makussu | 2013-05-16 22:42 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makussu.exblog.jp/tb/20502572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 溜まりに溜まった 1/100 MG AMX-00... >>