MG RX-178 ガンダムMk-II Ver2.0製作記1
この連休を利用して次回作に着手。

大好きMSの一つである、ガンダムMk-IIです。
e0056592_063125.jpg

純連邦の技術で開発されたRX-78ガンダムの正当な後継機で、
ティターンズが象徴として建造したガンダム。

グリプス戦役の勃発となったガンダム強奪事件でエゥーゴ側に渡り実戦投入、
及びその後のAE社のMS開発に多大な影響を与えた重要な機体です。

ムーバブルフレームを本格的に採用した初のMSであり、
人間の動きを忠実に再現でき、その柔軟な四肢を使ってのAMBACで
非常に高い高機動を実現、グリプス戦役から第一次ネオジオン抗争まで
現役機であり続けた・・・という設定です。

プラモデルとしてはこのMk-IIはVer2.0となって
プロポーションも洗練され、可動もこれ以前に出たPG準拠となっているそうです。

Ver1.0であったGディフェンサーとのドッキングも可能となっていて
プレイバリューも高いです。

今回はVer1.0のスーパーガンダムから
Gディフェンサーを流用してこちらも製作していきます。

※Gディフェンサーはまた別記事で製作記を書いていきますね。


ではランナーチェック
e0056592_0161665.jpg

ランナー量としてはMG標準かなと。
ただ、前のデスサイズと比べて各パーツがでかいです。
この大きさ、少しホッとしますね(笑)


それではいつもの様にゲート処理しながら仮組み開始です。
e0056592_0183157.jpg

とりあえず、胴体、頭、バックパック といった所です、今日はここまで。

頭部とか、細かいモールドが心地よいです。
ただちょっと今の所エッジが甘いかな?という印象。
キッチリ削ってエッジをパリッとさせたいです。


仮組み>400番でエッジ出し位まではこの連休中に終わらせたいですね。
 
 
 
[PR]
by makussu | 2013-08-13 00:23 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makussu.exblog.jp/tb/20924239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< MG RX-178 ガンダムM... MG XXXG‐01D2 ガン... >>