MG FXA-05D Gディフェンサー制作記2
ここしばらく記事がないので全然進んでいないのかと言うとそうでもなく。

あまり作業時間が取れていないのも確かなのですけど、
表面処理に時間が掛かってます。

何しろ面が多い為か、古いキットだからか、ヒケが多いんですよ。
パテ埋めが発生すると乾燥待ちが入りますしね。


で、ディティールアップに必要な部材を発注してて届いてますので紹介。
e0056592_291015.jpg

エバーグリーン社のプラ板とプラ棒です。

プラ板は0.5mm厚で1mm間隔のスジが入った物。
プラ棒は0.25*0.5mmと0.25*0.5mmの角棒。

スジ入りプラ板はモールド追加に便利ですし、
角棒は細かく切ってプラチップにしてディティールUPに使えます。


まずは今回のプラ板使用箇所ですが、
e0056592_2142170.jpg

こんな感じでただ凹んでいるだけのダクト上の部分を開口します。
ちなみにピンバイスで穴開けてリューターやヤスリで成形してます。


そこに大きさをあわせたスリット入りプラ板を接着し
e0056592_2211840.jpg

こんな感じになります、見栄えも良いですね。


あとサイドポンツーンの内側ですが、
e0056592_2163286.jpg

ディフェンサー時は見えませんが、Mk-IIと合体時に丸見え且つスカスカですので


蓋をしておきます。
e0056592_2172273.jpg

スリット入りですのでノッペリ感も解消できます。


とまぁチマチマと工作しとるのですよ・・・時間も掛かりますよね。

またトピックスあったら記事にしますw
 
 
[PR]
by makussu | 2013-09-29 02:19 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makussu.exblog.jp/tb/21130368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 久しぶりの洗車 運動会 >>