MG GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ製作記19
ではMGビルドブースターをプラスしてスタービルドストライクの紹介

まずはビルドブースター本体
e0056592_1214868.jpg


背面
e0056592_122117.jpg


キャノピー部分のフレームをマスキングにて塗り分け、
フレーム解釈部分等、メタリック塗装してます。

また、プラフスキーウイング発振部は裏にシルバー⇒黒を塗って
下地の露出を防ぐと共に反射で光を拾うようにしてます。

ブースター本体とスタービルドストライクにする為の
換装部品(脹脛だけですが)と武装類。
e0056592_1221218.jpg



で、合体させます。
e0056592_122282.jpg


背面
e0056592_1223865.jpg


というかですね、、、このバックパックはバーニアノズルが見当たりませんねw
不思議粒子(プラフスキー粒子)の力でなんでもアリなんでしょうかね?

それはともかく。


スタイルはフルパッケージより元々こちらでバランスを
合わせていたのではないかと思うほど良いです。

ただ、バックパックから肩にかけて伸びている胸部ダクトの位置決めが
特に無く不安定、しかもダクトパーツがすぐポロリします、注意。

ただ、こちらはブースターの前後長があまり長くないので、
自立時のバランスはこちらの方が良いです。


ディスチャージショットの再現
e0056592_1225846.jpg



アブソーブシールドも差し替えなしで展開状態にできます。
e0056592_123741.jpg



最近キットだけあって、基本的にエッジも立ってるし
ヒケが目立つ所も少なく、良いキットだと思いました。
e0056592_1231844.jpg


表面処理も基本的に最初から800番で荒らしつつヒケを探し、
ヒケがあるところだけ400⇒600⇒800と整えました。
一部エッジを立てたい所も同様に処理。

あとは既存のスジをタガネで彫り直し、丸モールドはピンバイスで成型、
頭部バルカンもピンバイスで開口してます。


でわ、いつものカラーレシピ
ガイアノーツ(G) GSIクレオスMr.カラー(C) タミヤエナメル(T)

本体(青) ⇒ (G)024コバルトブルー+033純色シアン+037純色バイオレット
本体(白) ⇒ (C)UG01MSホワイト
本体(赤) ⇒ (G)VO-06ローズブライトレッド+(G)102蛍光ピンク  
本体(黄) ⇒ (G)VO-03ビビッドオレンジ
本体フレーム ⇒ (G)UG15 MSファントクグレー
武装類 ⇒ (G)020ガンメタル
武装類(白) ⇒ (C)C151ホワイトパール⇒(G)Ex-01 EXクリアー
バーニアノズル等 ⇒ (G)EX-07 Exシルバー

サフ ⇒ ガイアノーツ (G)GS-01 サーフェイサーエヴォ
下地(白・青・赤・黄) ⇒ (G)EX-01 EXホワイト
下地(メタリック部) ⇒ (G)002 ピュアブラック

スミ入れ(白) ⇒ (T)XF-53ニュートラルグレイ+(T)X2ホワイト
スミ入れ(赤・黄) ⇒ (T) XF-10フラットブラウン
スミ入れ(青) ⇒ (T)XF-5フラットブルー+XF-1フラットブラック
スミ入れ(フレーム・メタリック等) ⇒ (T)XF-1フラットブラック

トップコート ⇒ (G)Ex-04 Exフラットクリアー+006フラットベース


ビルドブースター以外は設定配色通りに塗装してます。
ですのでキャラクター色を前面に出しつつ、パチ組には見えない様
差別化して、、、という意識をしながら調色しました。

あと前回から使ってる+フラットベースのクリアもいい感じです。



で、こんな感じで飾ります。
e0056592_1234213.jpg


他のHGビルドファイターズキットと並べて、サイズ違いますけどねw
HGは全部パチ組ですし。


ちなみにHGのビルドストライクですが、
かんさんにブンドドされすぎて酷すぎる状態になってます・・・・涙
まぁ4歳児ではプラモデルで遊ぶのは確かに早すぎなんですけどね。


ビルドファイターズはどんな形かはまだわかりませんが、
続編の企画が進行中という発表があったので、まだまだ楽しませてくれるようです。
 
 
 
[PR]
by makussu | 2014-06-01 10:59 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makussu.exblog.jp/tb/22069496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 撮影環境 MG GAT-X105B/FP... >>