<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
1/100 SVMS-010 オーバーフラッグ 製作記2
キュベレイは暫くパチ組み状態で1週間程飾っておく事にしたので今晩やる事無いな・・・
と思ってたけど、しばらく好きな塗りができそうにないので
オーバーフラッグを塗装する事にした。

塗装準備
e0056592_2332096.jpg


組んでから暫く放置してたので、パーツ構成を覚えていない・・・

バラすのに苦労しましたw


まずはマスキング必要な白の部分
e0056592_2333135.jpg

Exホワイトを使ってみました。

そしてエンジン部等をシルバー塗装
e0056592_23341280.jpg

ついでにプラズマソードの刀身とリニアライフルの冷却ジェル部の
クリアブルー塗装も済ませました。

シルバーはExシルバーで。スターブライトシルバーよりキメが細かいですね。


さすがにMGではないのでマスキングによる塗り分け箇所が多いです。
苦手なので綺麗にできるかどうか、、、練習ですな。


ちなみに表面処理もサフ吹きもなーんもしてません!

キットに対する愛の差でしょうか・・・
 
まぁツヤ消しコートのみ仕上げよりはマシだと思ってください~w
 
 
[PR]
by makussu | 2013-03-31 23:39 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
1/100 MG AMX-004 キュベレイ 製作記1
着手しようかどうしようか、正直迷ってたんですが、
ジムクゥエル製作記の最後に次回はコレって言ってしまったのもあるし。

自分の環境で出来る範囲の事をやれば良いか、と開き直ってしまいます。

ではMG キュベレイ製作開始です。
e0056592_1531124.jpg


何故着手に躊躇していたかというと、
パールコートのグロス仕上げって、普通に塗装するだけではできなくて
下地>パール>クリアを吹いて、そのクリアを「研ぎ出し」という作業をして、
さらにクリアを上塗りする、という手間が掛かるし技術も要ります。

上手く出来るかどうか不安なんですねぇ。


とりあえずいつものようにゲート処理を丁寧にしながら仮組み。


仮組み完了
e0056592_15381022.jpg

背面
e0056592_15385341.jpg


これ組んでて思いました。

「美しい」

凄くラインの綺麗なMSです、
キュベレイに魅了される人がいるもの理解できます。

足の脛部分のうねりとかすごいですよ。

これは確かにグロス仕上げが似合う数少ないMSだと思います。


まだ仮組みのパチ組状態ですが成型色も綺麗でして、
すぐにバラして表面処理にはいるのが勿体無いな~と思ってしまいましたので、
今週はこのまま放置しておこうと思います。
[PR]
by makussu | 2013-03-31 15:44 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
寂しそうだったので、つい・・・・
リビングの模型棚にも大分並んできたんですが、
GM系ばっかり作るもんだから・・・


e0056592_23573626.jpg


こんな感じでザクが囲まれてしまっています(若干脚色有り)


で、ザクが余りにも不憫なので


e0056592_23584513.jpg



ザクと言えば次はグフ!!(意味不明

デモ普通のグフは余り好きでは無いので、
逆に大好きなグフカスタムを買ってきました。

当然積みなんですけどね!!


いくら連邦系が好きでもいい加減ジムばっかり作ってたら
少し飽きてきたってのもありますw


シャアザクよ、もう少し待っててね!w
 
 
で、購入後に箱を開けてパーツ確認してたら・・・

アッー!

 
 

More
[PR]
by makussu | 2013-03-26 00:05 | 模型製作 | Trackback | Comments(4)
1/100 MG RGM-79Q ジムクゥエル 製作記6
土日を利用して一気に仕上げる!

といっても土曜日は疲れからか体調が悪く、
寝ては起きての繰り返しで製作は一向に進まず。

夜少ーし進められた位。

で、日曜日に出掛ける前に装甲部(白)の塗装をして、
帰宅してからスミ入れ、ツヤ消しコートを吹いて・・・

ジムクゥエル完成です。
e0056592_22325446.jpg


クゥエルの一般的なティターンズカラーではなく、
コンペイトウ駐留部隊のカラーリングで仕上げました。

コミック「MSV-R ジョニーライデンの帰還」に登場する、
民間軍事会社(PMC)テミスに配備されているクゥエルも
これに酷似したカラーリングだということで、それをイメージして。

劇中でもこれが登場した際に出た「なんであんなものがここにいるんだ・・・」
というセリフが機種とカラーリングのレア度を物語っていますね。

背面
e0056592_22331486.jpg


いつものようにバーニア部はシルバーにクリアレッド塗装で。
気持ちクリアレッドが薄かったかも。

塗装するにあたって参考にした画像はこちら
e0056592_23134251.jpg


えらいマッチョなジムですがw 関節部分も薄めのグレーですよね。
で、今回はいつものファントムグレーをやめたのです。


白はどの色で塗ろうかちょっと迷いましたが、
クレオスのMSホワイトを使いました。

この前買った、ガイアのExホワイトを使おうかとも考えたのですが、
アレ、隠ぺい力強いらしく黒下地のグラデが弱くなるかな?と。

今回は払い下げMSらしい(?)使い込まれた感じを出したかったので、
グラデーションを強めに出す感じで塗装してます。

クレオスのMSホワイト、模型復帰時に作ったウイングゼロで使って以来、
全然使ってなかったのですが、改めて使うと良い白ですね。

メカ物に合う白だと思います。


武器はGMII>ネモ>GMIIIまで続く連邦系標準のビームライフル
e0056592_22393684.jpg


ちょっと弱そうなのがいい感じですw
設定上はGMのビームスプレーガンのアップデート版らしいですね。


クゥエルの特徴の一つでもある脚部対地センサー
e0056592_22415955.jpg


あらかじめシルバー>クリアグリーン を塗装して、
マスキングして外装色塗装してます。

良くみると境界線が曖昧・・・
奥まっている所なのでうまくマスキングテープ貼れなかったです。
遠目で見ると気にならないのでこのままでw


ジムカスタムと並べて
e0056592_22443733.jpg


バリエキットなので基本的な形状はほぼ変わらないのですが、
色で大分、印象が違いますね。


でわ、いつものカラーレシピ
ガイアノーツ(G) GSIクレオスMr.カラー(C) タミヤエナメル(T)

本体(白) ⇒ (C) UG01 MSホワイト
本体(赤) ⇒ (G) VO-06 ローズブライトレッド  
黄 ⇒ (G) VO-01 アイボリーホワイト + (C) UG03 MSイエロー 適当量
武器 ⇒ (G) 020 ガンメタル
フレーム ⇒ (G) 073 ニュートラルグレーIII
バーニア・アポジモーター・カメラ内部 ⇒ (G) 121 スターブライトシルバー
バーニア内部・アポジモーター ⇒ (G) 041 クリアレッド 
カメラ ⇒ (G) 042 クリアオレンジ

下地(外装部) ⇒ ガイアノーツ GS-02 サーフェイサーエヴォホワイト
下地(フレーム) ⇒ ガイアノーツ GS-01 サーフェイサーエヴォ
下地(エッジ部) ⇒ サーフェイサーエヴォブラック+ホワイト10%くらい

ツヤ消しトップコート ⇒ (G)Ex-04 Exフラットクリアー

スミ入れ ⇒ 赤:(T)XF-10 フラットブラウン 白:(T)XF-53ニュートラルグレイ

今回はちゃんと(?)エナメルでスミ入れしてみました、
面倒だけど、こちらの方が綺麗に仕上がりますね。

どことなく、ガンダムMkIIに似た形状で、
次世代に繋がりを感じさせるジムクゥエルでした。
e0056592_23482587.jpg



さて、これで4体続いたジム祭りはひとまず終了です(笑)

まだ陸ジム、ネモ、GM2.0が残ってますけどw 
リゼルもGM系に入りますか!?w

まぁMGジェスタが出る頃、またジム祭りを再開する事にしましょう!


次回作は・・・グロス仕上げにチャレンジ! コレ で行きます!
 
 
[PR]
by makussu | 2013-03-25 23:52 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
1/100 MG RGM-79Q ジムクゥエル 製作記5
平日は忙しくて着手できないー

水曜日が祝日だったので少し工程を進める。

今回はフレームの色味を変えてみた。
e0056592_21292764.jpg

いつもはフレームをファントムグレーで塗るんですが、
今回はニュートラルグレーで。

カスタム ⇒ クゥエル でフレーム材質が変わった(?)という俺設定で(笑)

実際に外観はカスタムと変わらないがそれは擬装で中身は別物、
という設定もありますしね。


外装の白サフ地のエッジに濃いグレーサフ、簡易黒立ち上げ用です。
e0056592_21322263.jpg


これ、いつやっても難しい・・・毎回上塗りで辻褄合わせてしまいますが、
綺麗にエッジに均等に乗せられません。


そして赤と黄色部分の塗装。
e0056592_2135369.jpg


ここでネタバレですが、本来ティターンズカラーのクゥエルですが、
今回は「コンペイトウ駐留部隊仕様」なんですね。

と言うより、ガンダムエース連載中の「MSV-R ジョニーライデンの帰還」という
コミックに登場した「民間軍事会社テミス仕様」というつもりで塗ってます。

しかしちょっと赤はもう少し淡い方が良かったかな・・・?
 
 
[PR]
by makussu | 2013-03-24 21:42 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
1/100 MG RGM-79Q ジムクゥエル 製作記4
塗装工程に入ると俄然やる気が沸くのは一番楽しいからだろうか。

帰宅は20時過ぎだったが、風呂が洗浄中だったので
風呂場の色々を掃除してから作業を進めた。


昨日の脛の続き。
e0056592_23574383.jpg

シルバーの上からクリアグリーンを塗って、マスキング実施。

うまい事マスキングできてるといいけど・・・。

失敗してたら素直に付属のシール貼っとこうw


今回は思う所あって、
フレーム、バーニア類、武器類以外は全て白サフを吹いています。
e0056592_021712.jpg


ちょっと厚めに吹いてますよ。
 
[PR]
by makussu | 2013-03-19 00:05 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
1/100 MG RGM-79Q ジムクゥエル 製作記3
今回の休みは・・・iPadでバンダイチャンネルを見ながら・・・

・表面処理
・パーツ洗浄
・バイザークリアオレンジ塗装
・黒サフ吹き
・塗装持ち手付け
・シルバー塗装
・ガンメタル塗装

まで進めました。

e0056592_235658.jpg


e0056592_23562472.jpg

 

これは脛の対人センサー部
e0056592_23563837.jpg

黒サフ>シルバー>クリアグリーン と塗って、
マスキングして本体塗装の予定。


ちなみに今回は表面処理を
いつもは600番までで済ますのを800番までやってます。

仕上げに差が出るかな・・・?
 
 
[PR]
by makussu | 2013-03-17 23:59 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
1/100 MG RGM-79Q ジムクゥエル 製作記2
今日は自動車保険の更新でレクサスへ。

ISは手放したが、保険はそのままレクサスの担当I氏にお願いしているのだ。
良くしてもらったし、繋がりを切りたくなかったってのもあるので、
保険だけでも継続していいかと聞いたら快諾してもらえたのだ。

で、久しぶりのレクサスですが、なんとか他のスタッフさんにも
覚えてもらっていたようでw

あと新型ISのリリース前カタログも貰えました。
めちゃくちゃいいですよ~次のISは~、との事でしたが、
申し訳ないが、我が家の財政状況では宝くじでも当たらないとムリっすw


で、本題のジムクゥエル、仮組み完了です。
e0056592_019110.jpg

ティターンズカラー、あまり好きではないのですが
実際組んで見ると、黒いジムもかっこいいですね。

バックビュー
e0056592_0201025.jpg

後姿は殆どジムカスタムと変りありません。

実際カスタムと違うのは、頭部、腕部全体、胸部前面、脚部脛部
の4点なんですよね。

腕だけは明確に違いますがこれは設定の
「ムーバブルフレームの前身的機構を取り入れた」
を再現しているのだと思います。

それではバラして表面処理に移りたいと思います。
 
[PR]
by makussu | 2013-03-10 00:26 | 模型製作 | Trackback | Comments(2)
1/100 MG RGM-79Q ジムクゥエル 製作記1
ジム祭りの(とりあえずの)トリ、RGM-79Qジムクゥエルの製作を開始しました。

e0056592_22294124.jpg


塗料まで買ってしまったのでキュベレイに着手したい欲求を抑えて!


ジムクゥエルはスターダストメモリー0083の最後にチラッと出てきた、
ティターンズ結成時に配備された高性能量産機です。

純地球産、開発技術者も地球出世者のみて固めて開発されて、
ティターンズに優先で配備された、という設定だそうです。

所謂「第2世代MS」に繋がる過渡期のMSで、
ベースはジムカスタムながら随所に
後のガンダムMk-IIに繋がるデザインになってます。

正式採用機は画像の様に後にティターンズカラーと呼ばれる、
濃紺のカラーリングを施されていますが、私は違うカラーで塗装しようと思ってます。


で、ゲート処理しながら仮組みなんですが
e0056592_22345666.jpg

ここまではカスタムと違う箇所が続いたので新鮮に組めましたが、
腿のフレーム、足首と来た所で

「この先はジムカスタムとほぼ一緒だな・・・」

と気が付いてしまい、とりあえずブログ用の写真撮って中断しましたw

カスタムとのバリエーションキットですからね、殆ど構成は一緒なのです。
2つ同じ組みというのは結構精神的にキツいですw

休みに入ってもうちょっと時間に余裕がある時にサクっと進めたいと思います。
 
 
[PR]
by makussu | 2013-03-07 22:42 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
「今月の」塗料買い足し
今月のとか言ってますがw

この前買ったキュベレイとデスサイズヘル用に、とか
他も含めてまたガイアノーツオンラインで購入。


まずは所謂白サフ、
サーフェイサーエヴォホワイト
e0056592_1853128.jpg

なくなりそうなので買い足しました。
赤・青・黄系の下地には欠かせません。


バーチャロンカラーから、
マーズディープブルー
ストームピンクパープル
e0056592_18553176.jpg

ブルーは濃ゆいブルーが欲しかったから。
ピンクパープルはデスサイズヘルに使用予定。


Exカラーシリーズから
Exホワイト
Exクリアー
Exフラットクリアー
Exシルバー
e0056592_18572495.jpg

ホワイトとクリアーはキュベレイに使用したくて。

フラットクリアーは自作つや消しコートがなくなりそうなので次はこれを。
これを使った作例を見ると私の自作コートとツヤ消し具合が
大体一緒のようですので今回はこれをチョイス。

シルバーはスターブライトシルバーが無くなりそうなので今度はこっちを。

Exシリーズは通常のガイアカラーより高品質との事ですので、
仕上がり具合がどう変わるか期待。


で、ネット限定のプリズムカラーから
パープルグリーン
e0056592_193258.jpg

紫と緑の偏光パールです、もちろんキュベレイ用

ホワイトサフ>Exホワイト>パープルグリーン>Exクリアー

の3コートパールに挑戦しますよ!いつやるかわからんけど!w


という事で今回も¥5000程使ってしまいました・・・お小遣いが・・・。

これだけで前回より高いんですが、
Exシリーズとか50ml瓶ですからねぇ、1本1本の価格も高いけど
量も多いです。(通常瓶は15mlです)

一番高いのが偏光パール、これ30mlで1000円超えてますw

失敗しないようがんばろうっと。
 
 

 
[PR]
by makussu | 2013-03-06 19:08 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)