<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
MG F91 ガンダムF91 製作記3
11月になって勤務が戻ったのは良いけど溜まった仕事に加え、
我々が直勤務していた弊害とも言える設備トラブルが噴出しまくりで、
毎日帰りが遅いです。

全然手が付けられなかったのですが、
この3連休の最終日である今日、少しだけ進められました。

どう考えても今年一杯では完成しそうになくなってきましたね・・・。


まず旧キットのパーツと組み合わせてバランス調整の確認。


足首だけ旧キットの物に変更
e0056592_18385923.jpg


不思議な物で、足首にボリュームが出るだけで下半身の貧弱さが緩和されてる感じ。
これは足首は旧キットの物に変更する事決定です。

でもまだ肩が過剰に大きい印象、SEED系のMSに似たシルエットな気がします。


そこで肩アーマーも旧キットに(被せるだけです)
e0056592_18401316.jpg


なんだこりゃ!?

メチャクチャバランス良くないですか?個人的に一気にカッコ良くなった、
と言うより、「よりF91っぽくなった」印象です。


うーん肩アーマーか・・・と比較すると
e0056592_18425575.jpg


単体で比較するとそんなにメチャクチャ変わらない。
でも大きさ的には旧キットの大きさにすることは決定で、
そうする為にMGのを加工してサイズダウンするか、旧キットのを取り付け加工して使うか・・・

もう少し再考です。


で、使うことに決めた足首の加工。
e0056592_18455675.jpg


上が旧キットで下がMGです。

旧キットのままでもボールジョイント径が同じなのでMGのフレームに
そのまま取り付けられますが、そのままだと足首回りのディティールが寂しいので
フレーム部分をMGの物を使えるように加工します。


内側を削って位置決めできるようにして・・・
e0056592_18472843.jpg


旧キット足首にMGの足首フレームの移植完了です。
 
 
あと予定している加工箇所は
・脛の延長と外装の旧キット化
・肩アーマーの加工(MGor旧キットパーツの加工)


さっさと終わらせて表面処理に進みたい・・・

 
 
[PR]
by makussu | 2014-11-24 18:51 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)
ロンロンから受け継いだ物
前記事のTG会のきっかけになったロンロンのガンプラ他一式を譲り受けました。

積んだままになってたMG Ex-Sガンダムがメインだと思ってたんですが、
それだけじゃなくて。

まずはEx-Sだけではなく、サザビーもあったという事。
e0056592_18125369.jpg


Ex-SもサザビーもMGの中では高額商品になります。
自分ではまず買えませんからね、ありがたいです。

あとはジャンクパーツを山程(ジャンクパーツはモデラーの財産ですよ!)
と塗料関係や材料関係がドッサリあったんですが。


あってビックリしたのがコレ。
e0056592_18145454.jpg


エアテックスのコンプレッサーAPC-001と
オリンポスのエアブラシピースHP-73Cです。
コンプレッサーにはエアレギュレーターも付いてました。

このセットは正直Ex-Sよりうれしい!

APC-001は現在は001Rとして売ってますが、これは単にレギュレーターが追加されてるだけで
コンプ自体は今でも同じです。

最大0.3Mpaを超える圧力は塗装時の自由度を生みます。

もうベーシックコンプレッサーを使う理由がなくなってしまいました・・・。


あとオリンポスのエアブラシピース
e0056592_18211798.jpg


横付けタイプのカップの0.3mmノズル、オリンポス自体はもう会社がなくなってしまいましたが
国産で精度が高く、今でも愛用者が多いそうです。

この前買ったタミヤのHGと合わせて2本体制にできますね!贅沢だ。


つーかこんな高価なものばっかりもらって良いのだろうかと不安になってしまいますが・・・・。


大事に使いますよ!ありがとうございました!
 
 
 
で、ExSガンダムですが折角なので今製作中のF91の後に早速作ろうかと思ってましたが・・・


箱開けて大量のパーツ数を見てやっぱり箱をソッ閉じしました(汗


これ私の製作ペースだと1年以上掛かるのでは・・・?
 
 
 
[PR]
by makussu | 2014-11-24 18:29 | 模型製作 | Trackback | Comments(2)
TG会2014
9月頃でしたでしょうか、ロンロンからLINEだかメールだかで、
もうガンプラ作らないからウチにある在庫引き取らない?と言われまして。

少し話してたら一式引き取らせてくださいという話になって、
ついでだから久しぶりに集まりますか!という事で。

この3連休、自由に動けない私の家族の事情もあり、
また我が家でTG会が開催されました。


みんな色々お土産を持ってきてくれまして、
正直そのお土産を食べてるだけで夜までにお腹が一杯。

ウチで用意したカレーは今回はあまり売れませんでしたw

余りまくったので次の日の朝もカレーだったのは言うまでもない!


今回ちょっとびっくりしたのが園長夫妻が持ってきてくれた「ふくらぎ」と「がんどぶり」
これが脂が乗っててメチャクチャ美味しかった。

ふくらぎさんを3枚におろす園長
e0056592_1843831.jpg

いい腕でした!


子供達も大興奮で遊んでもらってました。


ティグさを拘束する子供達
e0056592_1854475.jpg


帰り際、子供達がめちゃくちゃ寂しそうでしたよ。


いつもながら集まってもらって感謝感謝です。


またの機会に集まりましょう!


 
 
[PR]
by makussu | 2014-11-24 18:08 | 日記 | Trackback | Comments(2)
MG F91 ガンダムF91 製作記2
11月になりまして、やっと直勤務が終わりました。
3連休もこれで最後ですので模型制作の進みもちょっと減速するかな・・・?

で、前回の引きで出てきたコイツ
e0056592_2341634.jpg



コレは実はコレなんです。
e0056592_2345541.jpg


旧キット1/100ガンダムF91です、箱絵めっさカッコええな。

古いながら非常にプロポーションが良く、当時も絶賛されたキットだそうで
劇中のF91を忠実に再現できているそうです。

で、この時期のキットってシステムインジェクションと言って
最初からパーツ単位で色分けできてます。
e0056592_2375461.jpg

e0056592_2384848.jpg


これがまた、パチ組みには良いかもしれませんが塗装派にはマスキング地獄になる代物で
程無く廃れたようですけど、技術的には凄いですよね。


で、もったいぶらせて申し訳ないですけど、
やっと本物のMGガンダムF91の仮組み完了です。
e0056592_23115529.jpg

e0056592_2312173.jpg


んー・・・パッと見悪くないようにみえます、肩がちょっと大きすぎる?


旧キットと比較してみましょう。
e0056592_23182683.jpg

e0056592_23184371.jpg


比較してみてMGの第一印象はですね。

・肩が大きいから上半身がかなりゴツく見える
・足の生え方がおかしい
・腿が長く、膝下が短いので足が短く見える
・足首が小さいので貧弱に見える

要は不評な理由はゴツ過ぎる上半身に対して貧弱な下半身の為、
体型的に「ゴリラ」と評される、と言う事なんだと思います。

この旧キットのパーツ単位で結構な部位が小改修でMGに流用できるようです。

それを検証する為、部位単位で見て行きましょう。

まず頭部
e0056592_2326560.jpg

本来は旧キットの様に両アンテナが寝ているのがF91的に正解なんですが、
MGは中央側アンテナが立ってます。
フェイスも旧キットの方が大河原版に忠実、ですが私の好みはMGかな。


e0056592_23261513.jpg

あとはトサカですが、旧キットの様にトサカが埋まったのが正解。

頭部はMGをベースに形状修正していくのが良いですかね。


次は胴体部
e0056592_23322028.jpg

形状的にはMGはコンパクト、旧キットはマッシブと言った感じ。


e0056592_23323649.jpg

側面はあまり印象変わらず。MGでは標準の引き出し肩関節ですね。


大きく違うのはスラスター部分。
e0056592_2335350.jpg

さすがMG、フレームから数えると4層構造で気合のパーツ分割で
緻密なスラスター周りを再現してます。


腕部
e0056592_2337207.jpg

MGはやっぱりかなり肩アーマーが大きいですね。


大きい理由が・・・
e0056592_23382072.jpg

MGは放熱フィンの格納・展開ギミックを再現している為みたいです。
その所為で大型化してる割にはフィンそのものが小さく、旧キットの様に
差し替え再現した方が見栄えが良かったのでは?と思います。

旧キットの方がフィンの見栄えが良いですね。

私的には大きい肩は嫌いではなく、全体のバランスが取れれば問題ないと思います。


脚部
e0056592_23414268.jpg

ここが大きな違いです、というかMG版F91の問題点はこの脚部に集中します。

まず全体的に足が短いです、特に膝下の短さが非常に目立ちます。
そしてボリューム不足な足首がさらに脚部の悪さを強調。
地味にダメな所で脛下の段落ちになってる装甲部分がMGではありません。

これだけ違うと旧キットベースで作り直したくなりますね。


ヴェスバー
e0056592_23474437.jpg

長さ、伸縮ギミック、ディティール、とここはMGが優れています。


最後に武装
e0056592_2348259.jpg

ビームライフルとビームキャノン

大きくは違いません、ライフルに関してはMGの方が合わせ目が目立たない工夫が。
ビームキャノンに関しては大差なし、ただMGは構え易いようグリップが可動します。

MGは両武器共に手首固定用のダボ穴あり。


という事で比べてみると気になる点がはっきりしてきました。

両キットの良い点を集約した作品にしたいなと思ってます、今年中に完成するんかな?
 
 
 
 
[PR]
by makussu | 2014-11-02 23:55 | 模型製作 | Trackback | Comments(0)