結果報告
先程、今回の件に関しての決着が付きました。

いや、、、こういう揉め事はめんどくさいので今後は勘弁して欲しいと思う。






 
 
 
23日にS社が2名で来た。

T氏ともう1人、U氏という人、名刺を見ると次長さんらしい。
やっぱり上司連れてきましたね、まぁ当たり前か・・・。

とりあえず弁明を聞く。

工期が遅れた経緯を淡々と話し始めるんだけど途中で制止した。
私が怒っている理由を理解していないのが解かったからだ。

私が怒っているのは遅れた事その物ではなく、
遅れた理由を連絡せずに何事もなかった様に工事開始を10月5日でどうですかと
伝えてきた事なのだ。

ちょっとこの状態だとわだかまりが残るし正直今後もこんな事が無いとは信用できない、
この先気持ち良く御社と付き合うことができない。

今回の事は白紙にしてもらえないかと伝えた。


ちょっと顔色が変わるU氏とT氏。


今後はこのような事は絶対ないように致します、
施工させて頂いてご満足頂ける様、最大限努力いたしますので
やらせて頂けないでしょうか、と頭を下げてきた。

実はこういうのを断るのは苦手である、所詮私は御人好しなのかもしれないw

あひるはもうその場で契約解除の気分だった様だが、
諦めてくれそうにないので妻とよく話し合って決めますので後日返事をします、
と言う事にした。

但し、このままだと契約解除の方向でしか考えられないから
何か納得できる材料を持ってきてきてください、と伝えた。

ここで私は少しいじわるをした。

こういう場合、前記事のコメントにもあったけど違約金代わりに値引きしろ、
といった話を引き出すものなのだが、その道は封じた。

金額に関しては今回納得して契約してるんだから
お詫びとして値引きしますという話はなしですからね、
あくまで御社をこの先信用できる様になるようなアイテムを持ってきてね、
と念を押したのである。

要は安易な道を選ばせず、少し考えさせる為に宿題を与えたのです。


そして今日、再度S社訪問。

挨拶もそこそこでU氏。

今回は大変ご迷惑をお掛けしました、
今後はこのような事でお客様にご迷惑をお掛けしない為に・・・

・今後はこのような事が発生しないよう留意し、お客様から問い合わせではなく、
 こちらの方から全て連絡させて頂く体制とする。

・太陽光発電システムの年次点検が1年、4年、8年とあって、通常1年目のみ無料で
 後は有料なのだが今回は反省を踏まえて、メーカー保障のある10年間までの
 年次点検は掛かる費用全てS社負担とし無料でさせて頂く。

・施工費用に関しては値引きは要らないという話でしたが、お詫びの気持ちとして
 キリのいい数字にさせて頂く。(数万円程度ですけど)

・以上の話を書面にして来週中にお届けする。

と言う話をしてきた。

私としてはこういう話が出てきたらOKと思っていた。
やはり今後の事を考えた話をしてくれないと納得できない。

あひるにもこれならいい?と聞くとしぶしぶながら納得してくれた。


と言うことで今回はこのまま契約実行と言うことで10月5日に施工開始になりました。


最初に書きましたがこういう話は本当に疲れます。
結果的に金銭面では得をした話になりますが、
こんなメンドクサイ話は懲り懲りです。

これを機会に我が家の話だけではなくてS社自体が学んでもらって
より良い会社になって欲しいと思います。

仕事と名前の付く事柄には内部外部問わずに必ず
「連絡・報告・相談」が不可欠だと思います。

自分も含めてですが、気をつけましょうw
[PR]
by makussu | 2010-09-25 14:51 | 太陽光発電 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://makussu.exblog.jp/tb/13287563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MAD at 2010-09-26 17:26 x
報告・連絡・相談・・・する相手がいませんが何か?w
Commented by makussu at 2010-09-27 23:33
元請とかにはするんでないのw


<< あんまりめでたくないですけど 凸電ではないけど・・・ >>